ぼちぼちいくよ、Lalaの毎日♬
最近の記事
カテゴリー
カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログ仲間のリンク
プロフィール

Lala

Author:Lala

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

過去ログ
RSSフィード
最近のコメント
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日はSunnyJuneさんの日記を読んで、考えたことを書きますね。

どこで聞いたか覚えていないけれど、印象の残っているこの言葉「幸せのカタチ」

一体、幸せのカタチって何を指すのでしょう?

結婚?子供?新築一戸建て?お金?高学歴?自慢できる夫や子供?

そのカタチが何を指すかと言う以前に、幸せって自分の心で感じるものではないでしょうか?

自分の状態や物質的なものではなく、「あ~、幸せだな」と感じる瞬間が「幸せ」であり、カタチと呼ばれる状態や物質は感情の後付けに過ぎないと思います。

「幸せ」と感じる人は自分であって、他人ではない。それゆえに、他人は外から見た目の判断しかできないから、「カタチ」と言われる状態と「幸せ」が結び付けられてしまうのだろうな。「結婚=幸せ」みたいに。

一見「幸せそうなカタチ」をした人でも、実は心でたくさん泣いているのかもしれません。仮面夫婦のように・・・でも、心の中のことは他人には見えないし、幸せそうなフリだって出来る。

ところで、私は「かわいそう」という言葉が大嫌いなのですが、それも「他人が判断すべき事ではない」のに、自分や他(それを普通と呼ぶらしい)と比べただけで「かわいそう」と言える人は、単なる傲慢な人にしかみえないのです。

そういえば、他にも嫌いな言葉がありまして、「自分を褒める」と「自分磨き」です。

自分を褒めてあげて」とか某元オリンピック選手の発言以来、よく聞くようになりましたが、私にはなぜがこの言葉に違和感が・・・

「自分を褒める」のと、「自分を誇りに思う」のでは、似ているようで異なりますよね。「自分を誇りに思う」は理解できますが、「褒める」のはどうしても他人が自分に対してすることだと思うので、受け入れ難いのかもしれません。正直言って自分で褒めちゃぁ、ただの傲慢な人のような気がしてならない・・・

もう一つの嫌いな言葉、「自分磨き」とは、どういったことを言うのでしょうか?

読書、映画鑑賞、習い事?そんなこと今時、中学生でもしていますよ。では、一体自分磨きとは?

大体、この言葉を使用するのが好きな人って、「磨いて自分についている垢を落とす」のではなく、その「自分の垢も落としてしまうのはもったいない」っと、何でもかんでも掃除機のように吸ってしまっている人が多い、と思うのは私だけでしょうか。

つまり、傷つく事を恐れるあまり、本当に必要な第一歩を踏めていないような・・・それじゃ、本当の自分磨きとは言えないのではないかしら?

それでも、日頃何にもしない人よりは魅力があるかもしれませんが、ウンチクばかりを積み重ね、自分の意見に固執しがちな人がこの言葉が好きというイメージになりつつあります。はい、私の勝手な偏見ですね。たぶん、「自分磨きを頑張っている」とか自分で公言しまう人に対して、手厳しく思ってしまうのかもしれません。

はっきりと自分の意見がある人は好きだけれど、考えに柔軟性がなかったり、人の意見を尊重できない人は誰であれダメですね。(あっ、これよく気を付けないとね→ウンチク女王な私)

私はたいした人間でもないのに、なんだか随分偉そうに書きましたけど(いつもの事だけど!)、気分を害した方はごめんなさい。
スポンサーサイト
<< プレゼント合戦 // HOME // 自慢なの?! >>
こんにちは!この文章にすごく共感できる部分があったのでコメントさせていただきました。
私も「かわいそう」という言葉が大嫌いです。本当、傲慢ですよね・・・。「一体あなたに何が分かるの?!」といつも思ってしまいます。しかも自分が善人と信じて言っている分性質が悪い。言われると逆に傷つく・・・みたいな。
何だか読んでいてスッキリしました♪
【2006/01/30 Mon】 URL // potatochips #gPdzIbIA [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
// HOME //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。