ぼちぼちいくよ、Lalaの毎日♬
最近の記事
カテゴリー
カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログ仲間のリンク
プロフィール

Lala

Author:Lala

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

過去ログ
RSSフィード
最近のコメント
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近見たDVDで印象に残っている映画、原題は「Duplex」で邦題は「おまけつき新婚生活」です。

最近は元気のでる女の子映画で頑張るドリュー・バリモアが主演&製作、コメディ映画で定評のあるベン・スティラーが主役です。

話は新婚カップルが、ひと目で気に入ったデュプレックスを買ったのですが、ずっと昔に交わされた長期契約により、テナントとして一人暮らしのおばあちゃんも付いてきてしまいました。契約破棄は出来ないし、買収にものらないこのおばあちゃんが、新婚カップルに色々と騒動を持ち込んでくるというコメディーです。

映画の感想:寝ずに全部見れた。笑う箇所多々あり。ドリューがめちゃんこキュート♥!

-------------------------------------------------------------------
デュプレックスというのは、日本の2世帯住宅に非常によく似た造りのようで、玄関は違うのに1階と2階が室内のドア1つで繋がっています。もちろん、台所やお風呂場も別なので、このドアを封印してしまえば、別世帯にもなる仕掛けです。

うちの夫は中米のベリーズという国で、幼少期を過ごしたのですが、この映画のようなデュプレックスにも、ベリーズ時代に住んだことがあるらしい。

アメリカでも古い建築物件が多い東海岸には、まだこのような住宅が残っています。核家族、個人主義の今(特にベビーブーマ以降?)は、この形態は流行らないので歴史の浅い西海岸や、アリゾナみたいな新しい開拓地には見当たらないですね。

私「こんなお家なら、将来あなたのお母さんと暮らしてもいいなぁ。」

夫「NO, NO, NO!それじゃ、近過ぎるよ~。母親として彼女を尊敬しているし、いざとなったら面倒見る覚悟はあるけど、それまでは出来るだけ完全別世帯でいたい。」

(・_・D フムフム、どうやら夫としては、スープの冷めない距離でも近すぎるらしい。私はあのお義母さんなら、台所とバスルームが別であれば、2世帯でもOKなんだけど・・・

まだまだ「現実」を知らないってことなのかしら?!

以前にブログにも書いた、私のお気に入りのテレビEverybody Loves Raymondは、ちょうどスープの冷めない距離の嫁姑関係を扱ったコメディー。どんなにいい人達だと思っても、実際に住むと色々と問題も起こってくるのかなぁ。
スポンサーサイト
<< Soul Searchingは続く // HOME // ブリトー >>

管理者にだけ表示を許可する
// HOME //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。