ぼちぼちいくよ、Lalaの毎日♬
最近の記事
カテゴリー
カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ブログ仲間のリンク
プロフィール

Lala

Author:Lala

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

過去ログ
RSSフィード
最近のコメント
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は先日の日記でお伝えした就職フェアの日。
とは言っても、会計の生徒向けなのでほとんどが会計事務所でした。
私はもう会計事務所にはあまり興味が無いので、結局ちゃんと話したのは5社くらい(;´д`)。
それもあとで学校のオンライン就職ページや自社のHPで応募してくれという所がほとんどでした。
2社くらいはその場でも履歴書を見て受け取ってくれたけど・・・

私が狙っていたState of Arizona Office of Auditor Generalのブース。
おじさん2人が一応立ってはいたけれど、こっちが声を掛けようが「興味があるんです」と質問をしようが、
なんとも対応がいかにもお役所仕事って感じでぜんぜんやる気ナッシング!
でも、お客ではなくて働く側から考えると、逆にそれが羨ましい仕事振りだったりして・・・

日本で超氷河期の真っ最中に大学生活を送った私にしてみれば、不況と言いつつも、
アメリカの大学ではっていうか、少なくとも今の会計卒は随分と売り手市場みたい。
BIG4でもどこの事務所や企業でも大抵は、リクルーターはみんなニコニコ顔で「ハロー」と近寄る学生を向かえ、
いかにも「こっちへカモ~ンヾ(゜ー゜ヾ)」ってな具合。ちょうど高校生向けの大学や留学フェアのような感じ。

というわけで、州政府のブースでは私にはちょっと新鮮尚且つ、
おじ様2人は会場でみごとに浮いていましたヾ(´ε`*)ゝ 。
興味のある人は自分でHPで調べて、勝手に応募したら?って感じ。

他にはカリフォルニア州でも応募してるって言われた事務所と、
2002年に出来たばかりのコンサルティング会社が良さそうでした。
明日は早速学校の就職リンクから応募してみよ~っと。

スポンサーサイト
<< お勧めの英語雑誌 // HOME // 今日の一日 >>

管理者にだけ表示を許可する
// HOME //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。