ぼちぼちいくよ、Lalaの毎日♬
最近の記事
カテゴリー
カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ブログ仲間のリンク
プロフィール

Lala

Author:Lala

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

過去ログ
RSSフィード
最近のコメント
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
25日は感謝祭でした。去年に続き義母の職場のオーナーのお宅でBBQ。
500グラムくらいある特大ステーキをペロッと頂いてまいりました。

オーナーのお家って言っても、彼女は今海外に出張中で、その間3匹の猫がいるので、
義母が泊まって面倒を見ています。
住宅事情だけを考えると、アメリカは住みやすいと言えるかも。
日本人の感覚ではあのお家も豪邸に入るかもしれません。
お庭にはお決まりのプール、オレンジとグレープフルーツの木が茂っていました。
写真を携帯で撮ったのですが、ワイヤレスでパソコンにアップロードするためのソフトである
bluetoothをまだインストールしていないので、写真がアップできませんでした。

普通はターキーだけど、ターキーって見た目より美味しくないのと、すごく手間がかかるし、
慣習やシキタリにこだわらない一家なので準備と後片付けが楽なBBQでお祝いです。
私は特に、なんの根拠もないのに「クリスマス=家族でケーキ、カップルはホテルで食事+お泊り」
「バレンタインはチョコレート」などなど、商業主義に躍らされるのは真っ平ゴメン派です。

こだわりと言えば、日本人は割りと単にしきたりや風習にできる範囲で従うのではなく、
“これはこうしなくちゃ非常識なにるという概念に縛られている”人が多い気がします。
私は常識・非常識って言葉が大嫌いなんですよね。誰が決める「常識・非常識」なんでしょう?
この言葉に縛られるほど馬鹿馬鹿しいことはないと思うんです。
日本の慣習だって、本来は生活の知恵が高じて習慣化していったものが多いと思うのですが、
それが本末転倒になって、期待が外れたら「非常識」呼ばわりをする人が多いので、そういう所日本人社会の怖さだと思います。
例えば、結婚式の御祝儀や出産祝いの相場やお返しについて等。
結婚式を黒字が出るように祝儀をあてにして行い、思ったほどくれなかった相手に逆切れ、
非常識だとのたまったり・・・まあ、これはネットを通して見た社会ですが、日本人の腹の底を覗いているみたいで怖いですね。

明日は恒例のThe Day After Thanksgiving Saleです。
広告の目玉商品を買いに早朝5時くらいからお店の前に並び、主にクリスマスのための買い物を始めます。
在米日本人の中には、米国人配偶者の家族へのクリスマスプレゼントに頭を悩まし、
クリスマスの集まり自体を苦手とする人が多いみたいです。
クリスマスは欧米人にとって、日本のお正月感覚ですから、
普段離れている家族や親戚もこの日だけは集まって、家族でのんびり過ごしプレゼントを交換する。
こちらは子供やカップルだけでなくすべての家族で交換します。
このプレゼントがクセモノで、家族間でどれだけ高いものを買うとか競争になったり、
日本人配偶者から見て「やりすぎ」や「日本の家族との不公平感」が主な不満のようです。
幸いにもウチはこういった問題はありませんが、いつも娘のように可愛がってくださる義理家族には、
私は日本の「お歳暮」だと思ってプレゼントを渡しています。
スポンサーサイト
<< 年齢 // HOME // ホリデーシーズン >>

管理者にだけ表示を許可する
// HOME //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。