ぼちぼちいくよ、Lalaの毎日♬
最近の記事
カテゴリー
カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログ仲間のリンク
プロフィール

Lala

Author:Lala

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

過去ログ
RSSフィード
最近のコメント
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
小さい時から、「活字が大っ嫌い」な私ですが、さすがに毎日英文と睨めっこしていると、日本の本が読みたくなってくる時期があります。最近また、その日本語に飢える波がやって来たようです。

昨年の夏に日本に帰省した時に、古本屋さんでたくさんの文庫本を買ってきました。主にミステリーですが、夫のためにも聖書を勉強しなおそうと、子供用聖書と大人用の聖書、手塚治さんの「天地創造」の漫画、また私の大好きな本「細雪」など家にあったものも含めて、当分こちらで飢えないように持って来たのでした。

とはいっても、冒頭に書いたように元来の本嫌いなので、子守唄代わりに寝苦しい夜に本を読み、2ページくらい読んで寝入るというパターンが殆どなんです。細雪も大学時代に、毎日寝る前に半年くらい掛けて読んだ覚えが・・・

しかし、珍しくここ2日で宮部みゆきさんの「R.P.G」を読み切ってしまいました。(勉強したくないための現実逃避かも・・・)
彼女の作品は「理由」を読んでから、なんか安心して読めるミステリーだなと今回何冊か買ってきています。「R.P.G」はまあまあ面白かったです。彼女の作品は時代劇もののやつとか、あと何冊か持ってきたので楽しみにチョビチョビ読もうと思います。

がっかりした本と言えば、森瑤子さんの「夜の長い叫び」この方のを読むのは、これで最初で最後だと思います。こういうエロ描写のないハーレークイーンみたいなのは好きでないので。有名な作家なので、もうちょっと純文学系かと思ってました。たぶん私が無知なだけですね。

本を読んでも、題名と作家の名前をすぐ忘れるので、読んだらこうして日記に書いておこう・・・他にも読んだけど、題名が思い出せないや(しかも本は読んですぐ、こちらの古本屋に売却済み)。
スポンサーサイト
<< 石鹸シャンプー&クエン酸 // HOME // 休日 >>

管理者にだけ表示を許可する
// HOME //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。