ぼちぼちいくよ、Lalaの毎日♬
最近の記事
カテゴリー
カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログ仲間のリンク
プロフィール

Lala

Author:Lala

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

過去ログ
RSSフィード
最近のコメント
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「国際結婚市場花盛り…欧米人求める女性急増」(夕刊フジ)
結婚相談所が日本女性と欧米男性向けのパーティーを始めたそうで。
女性は入会・年会費20万から30万払い、集められた「エリート」欧米人をゲットすべく着物を着て立食パーティーの写真が載ってました。男性の数に対して数倍の競争率だそうです。理由のひとつに、「日本男性は若い女性ばかりを要求するが、欧米の男性は若い人はつまらないと言う。キャリアを積んできた高収入高学歴の日本女性は、日本男性は敬遠しがちである。」よって、ニーズが合うのだそうです。
確かに日本の年齢信仰には呆れる。若ければ若いほど良いとか、独身の40代50代の禿げた女性経験はプロ以外皆無みたいなおじさんがよく言ってるよね。

しかし、まあ最近の英語学習雑誌や学校のファッション化にも嫌悪感をおぼえるな。20代前半を対象にした英語雑誌なんか「英語でイケ面外国人をゲットしよう」とか「英語できれいになる」とか、ほんまにアホみたい。そんな売り言葉にまんまと乗せられる人達が。ほんの一部でしょうけど、一昔前も「三高」とか言葉が流行ったね~、そういえば。確かに、ハーフの子がほしいとか外国に住みたいとか不純な動機で、つたない英語と身振りで在日外国人と交際している人もいるけど、そんなのただの一部だし(と思いたい)。そういう人達にとって、外国人との付き合いや結婚もブランド鞄と一緒なのかな。で、すぐに飽きるか理想と現実の違いにギブアップ。まあ、痛い目をみて傷つくのは本人だから。

なんか今日の記事といい英語雑誌の傾向といい、国際化もいいけど意味を取り違えてほしくないし、英語学習や国際結婚が単なるファッションになってほしくないな~。だいたい国際結婚と言う言葉自体、異質みたいで嫌だな。結婚生活なんて中身はみんな似たようなものだからね。悩みの種だって日本人同士とそんなに変わらないはず、普通に恋愛して結婚したならば。
スポンサーサイト

テーマ:国際結婚 - ジャンル:結婚・家庭生活

<< Get Involved // HOME // 

管理者にだけ表示を許可する
// HOME //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。