ぼちぼちいくよ、Lalaの毎日♬
最近の記事
カテゴリー
カレンダー

11 | 2005/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ブログ仲間のリンク
プロフィール

Lala

Author:Lala

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

過去ログ
RSSフィード
最近のコメント
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は私のリクルートスーツを探しに、ショッピングモールへ行きました。まず、私が仕事着を買いたいと思っていたブランドをチェック。New York & Company, The Limited, Express, Banana Republic等など、残念ながらどこのモールにもあるいずれのブランドも、ワークパンツやインナー類は豊富でも、ジャケットやセットのスーツというものは殆ど見当たらずgaan。多分、ビジネスカジュアルとしては十分なのだと思うけれど、たった一度の第一印象を与える機会としては、パンチが足りないものばかり。結局、夫の勧めでモール内のデパートを巡る事になりました。

夫の面接スーツのおすすめは、ハンガーに掛かっていても変な折り目がつかない上等の生地で、色はできれば黒か濃いグレー。彼は「チープな生地の物を着ていると、それだけで印象もチープになるのだ」と力説。

信用できそうな印象を与えるには、上等のスーツをピシッと着こなすこと。それにより自分に自信が出て、面接ではいわば「鎧」になるのだとか。(・_・D フムフム、いまいち自分に自信のない私は、できることなら完全武装したい気分だもんなぁ(笑)

そういえば、日本で就職活動をしていた時、学生用の何かのセミナーで「就職面接は90%が第一印象で決まる」だとか、「第一印象は二度とやり直すことはできない」だとか言われたことを思い出しました。普通の状況と違い、就職面接はたった30分間の勝負雷だから、それも一理あるかもしれないですね。

今日の買い物では、私に合ったサイズがなかったり、購入にいたるものは見つからなかったのですが、夫が言わんとしていることと、どれが「いい生地」か手触りとかを知ることが出来ました。

つまりは、キャンパス面接で使用していた、私が日本の通販で買った1万円の黒スーツは、やはり値段分の印象だったってことなんだな~(笑)
スポンサーサイト
// HOME //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。