ぼちぼちいくよ、Lalaの毎日♬
最近の記事
カテゴリー
カレンダー

10 | 2005/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

ブログ仲間のリンク
プロフィール

Lala

Author:Lala

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

過去ログ
RSSフィード
最近のコメント
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日の日記の続きになるけど、書きにくいテーマなので今までなんとなく避けてきた。自分でも考えがまとまっていなかったのもある。

昨日、日記を書いてから、じっくりとまた考えてみた。
結論としては、「子育ての成果に専業主婦か兼業主婦かどうかは関係ない」と思う。

専業の母に育てられたから、専業の良い所と悪い所もわかっているつもり。
母の性格は、実はあまり専業主婦に向いていなかったのではないかと、思うこともあるけれど、専業主婦がステイタスだった時代に生きた母は、他界するまである程度贅沢もできたし、自分の好きなように生きれた方だと思う。

ある日母と、NHK朝ドラの「あぐり」に関するインタビューを一緒に見ていた。あぐりさんの長女である吉行和子が「今まで一度も、母に家にいて欲しかったと思ったことはない」といったコメントに対して、

うちの母は「自分の母親が仕事でいつも家にいなかったから、自分は絶対専業主婦になろうと思っていた。あぐりはあんなに働いているのに、それを不満に思わないなんて信じられないわ」と言った。

私は「それはやっぱり、うちのおばあちゃんは年中『私はこんなことしたくなかったのに、働かされてる』とか文句ばっかり言っているお母さんと、あぐりのようにいきいきと働くお母さんの違いちゃう?」と言うと、

母は「あ~、そうかもしれないわ。いつも文句ばかり聞かされてたからなぁ」と納得していた。

いつも母の喜ぶ顔を見ていたい、母が一番いいようにすればいいと、子供心に思っていた私は、「専業か兼業よりも、母親がしたいことをしていられる環境が、家族にとっても一番いいのではないか」とこの会話で感じた。

専業主婦だった母だけど、家事は弟が就学するまで家政婦さんに来てもらったりして、地元でない転勤族の土地で友達作りと気分転換にも、割と自分の趣味を謳歌していた。

この影響なのか、「専業主婦なんだから、いつもべったりと24時間、子供と一緒にいるのがいい母だ」信仰より、教育ママで育児ノイローゼ体質の私の母親みたいな人は特に、「専業主婦の母親だって自分の時間は大切にするべきだ」と思っている。(それに加えて、今では子供抜きの夫婦の時間もね。)

つづく
スポンサーサイト
私が結婚後の今も、おそらく出産後も正社員であることにこだわるのは、もちろん自分の性格もあるけれど、学生生活以降ずっと専業主婦だった母の影響もある。

私自身の家庭環境から感じたことだけど、子供に問題が起こると専業主婦であった母が責められたり、母が意見を言っても結局のところ「世間知らず」と、軽視されたりしていたと思う。専業主婦というのは、経済的にも立場的にも、いざという時に弱いと子供ながら感じていた。

でも専業主婦が、そういう風に言われる・思われているのは、同時におかしいとも思った。悲しいけれど、「子育てに専業も兼業も関係なく、両親の同等責任である」という理屈は、古い体質の人達には理解できないことらしい。

いつからか、こんな風に思うようになって以来ずっと、「私は将来、ワーキングマザーになるから」と母にも言うように。今はもっと柔軟に、必要であれば専業主婦も楽しめる人でありたいな、と思っているけどね。
ただ、自分に選択肢のない人生だけは、辛いので避けたいな。

予想外に外国で永住する事になって、私が一番不安なのは「夫が事故にあったり病気になって、一生働けなくなる事」と「私が長期で病気になる事」等。
つまり、外国で人生の最悪の事態。取り越し苦労であればいいけど・・・

20年以上も長患いで苦しんだ母がいたので、病気で働けない立場っていうのも見てきた。不本意でも誰かに頼って生きていかねばならない生活。お金を出す人というのは、当然のごとくその事に口も出すわけで。何とも辛い立場に母がいたことは、ママっ子だった私はよく知っている。

ここは公的保険のないアメリカだから、医療費や保険はとても重要だしね。(ちなみに、個人の自己破産は半数以上が、医療費の負債超過によるものらしい)
私も夫も慎重なので、この辺の自信が付くまでは、子供もいらないとさえ思えてくる・・・
(そんなこと言ってたら、一生子供を持てないんじゃ・・・?!という突っ込みは置いといて(゜゜;))

丁度、今から約1年前、偶然私の誕生日にSoul searchingについて日記に書いた。今見ても、ほとんど変わっていない私の正直な気持ち。この楽天のプロフィールに書いたとおり、最終目標はやはり「アメリカで会計士として働く良妻賢母」

ここで言いたいのは、当時の記事にあるように、残り1年の学生生活を楽しんだのかということではなく!(笑)、あと2週間半を死に物狂いで勉強して、後悔しない学生生活を終えたいという決意である。それでこそやっと、第一歩を踏み終え、第二歩を踏み出せるのではないのか。



今夜は、ただ単に「1年前も同じこと書いていたんだ~」と驚いたのと、だったらやはり初志貫徹しないといけないと改めて思った。

あら、私の今年の漢字は「初志貫徹」で決定だな!
// HOME //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。