ぼちぼちいくよ、Lalaの毎日♬
最近の記事
カテゴリー
カレンダー

03 | 2005/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログ仲間のリンク
プロフィール

Lala

Author:Lala

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

過去ログ
RSSフィード
最近のコメント
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3日前のローカルニュースにて、小さいお子様をお持ちの方には特に、ぞっとする事件が報道されていた。

フェニックス近郊のアパートに住む親子。この日はアパートのエアコンが故障したらしく、ベランダの窓(ガラス戸)をたまたま開けっ放しにしていた。親がちょっと目を離した隙に、5歳の女の子がベランダから進入した変態野郎に性的暴行を受けた。この男は即逮捕された。この容疑者は別の州を含めて、他にもノゾキなど数件の性的犯罪暦があったらしい。

アリゾナを含め多くのアメリカの州では、性犯罪を犯したものは顔写真を含め公のデータベースに晒される。子供を持つ親は、とりあえずこのデータで近所の人が性犯罪者ではないか、どんな罪を犯したのかを知ることが出来るのだ。

なぜ、性犯罪者には罪を償った後でも、このような仕打ちが待っているのか?それは性犯罪は、他の犯罪と違い「性癖」、つまり治らない病気という認識が高いからだ。事実、性犯罪者の再犯率は他の罪に比べてかなり高い

これを聞いて、アメリカってやっぱり怖~い!と、外国だからと楽観視してはいけないと思う。日本はロリータ文化と揶揄されるように、アイドルの低年齢化、ユニセフから再三注意をされている幼児ポルノの横行、今までに実際起こった事件を見てみれば、外国の話だからと決して楽観できないはずだ。

私はこういう人間の闇ってどこにいても同じだと思う。だた、報道のされ方や世間の認識、リポートや処罰の仕方が違っているだけだ。アメリカは、性犯罪者には上記で述べたようにとても厳しくなってきている。でも、冒頭で述べた程度の犯罪では全国ニュースにはならない。

たまにアメリカ在住の人で、日本の方が最近は怖いニュースが多い、と勘違いをしている人がいるが、アメリカの報道の内容の違い、つまり全国ニュースとローカルニュースで扱う内容が日本とは違うだけだと思う。

日本の性犯罪や幼児虐待に関しては、長い歴史のある家庭内暴力が最近になって犯罪扱いされ始めたことと同様、別に最近頻繁に起りはじめたのではなく、単に公になる件数が増加しただけだと思う。

日本の警察は、夫婦や親子、身内間の争いは「民事不介入」で、実際に刑事事件が起こらなければ介入しない。日本の近所の人も身内の争いには、どんな状況でもなるべく関わろうとしない。そういう文化が、幼児虐待や家庭内暴力を黙認してきたんだと思う。

先日、日本のニュースで「父親が幼い娘に自分の性器を触らせ、それを携帯のビデオに撮り、同じく幼児性愛者のネットで流した事件」があった。この事件は、たまたま人からのリポートがあったから、事件にまで進展し犯罪者は捕まったわけだ。被害者の娘は「いやだったけど、お父さんが好きだから我慢した」と語っているらしい。

昔(祖父母の世代)の親父像と言えば、「外ではまじめでよく働くが、家では酒を飲むと暴れる怖いお父さん」。こんな酒乱の親父像に対しても、昔はもっと寛容というか、家族や妻が耐えていただけではないか?

近親者からの性的暴行に関しても、日本はまだまだ閉鎖的で事実があっても公にはならずに、ただ被害者が耐えトラウマを残し、人格が壊れそうになりながらやり過ごすケースが多い気がする。

何を言いたいかというと、アメリカと日本の性意識の違いに関して。
アメリカでは親子でお風呂に入る習慣もないし、2歳以上の異性の子供をお風呂に入れたりすることは、性的虐待と捕らえられる可能性もあるのだ。娘はお父さんの性器を見ないまま育つことも、珍しくないらしい。
もちろん日本のように、「お父さんが温泉や公共風呂に、小さい娘を男風呂に入れる」なんて言うと性的虐待扱いされるのでは…私なら日本でも嫌ですけどね。

ネット上だが、「ホームステイ先で10代の娘さんが、ステイ先の男性つまりホストファーザーに性的嫌がらせを受けそうになった」と、安易な子供だけの海外滞在に警告を促している、お父さんのホームページを見たこともある。

あんまり考えたくないことだけど、子供を危険に晒す前に考えてみる必要のある事柄では、と思い書いてみた。ホームステイ海外滞在というと、良い事ばかりを並べてしまいがちだけど、どこでも人間の闇の部分は存在するし、慣れない土地や環境下では尚更、不利な立場を利用されないように十分警戒して行動することは大事だと思う。

暗い話題で(*_ _)人ゴメンナサイ
スポンサーサイト

とうとう今学期も来週の火曜日で終了。残す所、期末テストのみとなりました。
私は水曜日は会計350のテスト、今日はInternational Businessのテストがありました。

会計350の今回のテストは、練習問題や授業でやった問題よりもやけに簡単な気がしました。しか~し、自信がないので簡単に感じた自分の方に疑問を覚えます。
「わからない所がわからない」って内容を理解していない生徒の一番典型的な症状
そうではなくて、今回は私が今までより内容を理解できていたから、ただ簡単に感じただけなんだって思いたい・・・
(ノ_-;)ハア…モ、モゥ... (ノ××)ノ~☆ ダメ...(o_ __)o)) バタッ

とにかく、月曜日に結果が返ってきます。この結果次第で、期末テストを受けるか受けないかを決めれます。

ラッキーな事に、私の今学期は履修しているすべてのクラスで、期末テストはオプションなんです。もう一つの会計のクラス(440)で、先生が現時点での成績を発表しました。

なんと! 10%近くもカーブしてくれたので、自分の素点の成績よりも一つランクが上がる事になりました!
神キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!! もう、先生ったらス・テ・キ♥

詳しく説明しますと、例えばシラバスにある規定ではBを取るには、総合得点の83%-87%だとなっている所を、78%-82%に変更。つまり、規定のBがB+、CがC+等になるように、カーブとは全体の成績の底上げのことなのです。

会計440は期末テストの占める割合が小さいこともあるし、期末は受けないことにしました。これ以上下がったら困るしね。(苦笑)

もっとヤバイ会計350の方も、もし今回のテストで予想通りの結果だったら、期末は受けないつもり。挽回するには高得点を取らないといけないし、このクラスの期末テストは今までの全範囲なので、なおさらホント o(゚Д゚)っ モムーリ!って感じです。

International Businessは、期末考査はオプションだけど、期末考査を含む全テスト4つのうち3つしかカウントしないので、期末も受けて高得点なら良し、悪くてもそれをドロップのテストにすればいいので、挽回したい私には良いチャンス。来週のテストまでに、かなり勉強しておきたい。

アメリカで学生されている皆さんも、あとちょっとだし頑張ってくださいね
p(´∇`)q ファイトォ~♪
昨日の日記に書いたCBSの記事に対して

私が送ったコメント:

To CBS,

I am so disappointed in your quality of journalism written by Barry Petersen on the “Japan's Nonstop Amnesia” posted on April 13th 2005. The last half of the article is very biased, especially, from the part of “Let's take what historians call the "Rape of Nanjing" because that's my personal favorite for ongoing Japanese denial.”

He wrote this article to support his opinion only based on the book “Rape of Nanjing”, which is considered to be sensational but inaccurate as a historical source.

It is obvious your journalists have not researched the background and the latest information about this controversial issue. It seems like they cannot understand the Japanese language to have read the actual textbooks written about this part of history, nor comprehend and report the past Prime Ministers’ thirty-three official apologies and what the ODA is. At least, they should know that the Japanese government does not control information and does not write the actual textbooks unlike Communist China. In Japan, it is based on the American system, if they did not know it.

It would appear that this story was influenced directly from the Chinese government, could this influence be based on the writer’s career history and personal interest to distort the truth?

Journalism should be neutral and lack of opinion with the goals of integrity that do not undermine its audience. CBS is losing viewers, including my family, because of the poor and inaccurate quality of journalism.


もちろん英語は夫の白熊に添削してもらい、見栄えがよくなるように共同で書いた部分もある。

こんな1通のコメントでも、彼らのプロとしての意識をほんの少しでも、くすぶることが出来たら嬉しいな。

同じ5大ネットワークでもMSNBCの記事。 China-Japan rivalry heats up 同じ日に出た記事なのに、これは上記のCBSに比べちゃんとリサーチしており、3ページにわたる分析的かつ客観的なリポートだ。今まで何もこの問題を知らなかったアメリカ人には、丁度良い第三者的な情報になっている。

とにかく第三者なのに偏ったり間違っている情報を、何も知らない人に垂れ流すのだけはやめてほしい。

国内で不毛な論争を繰り返していないで、日本人も声高に意見を発していかなければいけない時代、それが国際社会ではないだろうか。


私は今は、右でも左でもない。思えば、私が受けた地域の公立小・中等教育は、かなりの左巻きだった。国歌を学生生活で1度も歌う機会はなかった。

しかし、海外に出た事によって「自分が受けた教育がいかに左巻きであったか」を自覚し、外国人の中で愛国心と、もっと日本を客観的に見る視点を養うつもりで、自分でグルグル右に巻き直し中立に戻したつもりだ。

アメリカの5大テレビメディアの一つCBS
あまりに偏った中国の反日運動に関するニュースに、今さっきコメントを送信してきた。
この記事では学生が書いた質の悪いエッセイと同じだと思ったから。

そのニュースとは、これ: "Japan's Nonstop Amnesia"

特に後半のこの部分に腹が立った。

Let's take what historians call the "Rape of Nanjing" because that's my personal favorite for ongoing Japanese denial.

Did it happen? Outside of Japan - especially in China - there seems remarkably little dispute. But in Japan the textbooks often refer to this incident, if at all, by saying "many lives were lost" with no numbers, or worse, a glossed over and now familiar phrase that "the historical facts are in dispute."

Do not, for a second, consider that this whitewash is confined to textbooks. I've interviewed members of Japan's Parliament who say exactly the same thing, that the historical facts are in dispute.

So what's up here?

Simply put - Japan feels to apologize might suggest it was somehow wrong or evil during the war. And to obscure the issue even more cleverly, it simply ignores the parts of history that prove the evil that was Japanese occupation.

So Japanese go to school and learn a history sanitized of the realities of Japanese atrocities.

Want a contrast? Try Germany, which not only openly apologized for the war, the concentration camps, the brutality of its rule, but honestly and starkly teaches each German generation in the belief that each generation must know and understand what went wrong - so it won't go wrong again.

And more - it has preserved the concentration camps so not only its own people, but the rest of us, can visit and see and understand just how this genocide worked with horrible efficiency.

Not so, the Japanese.

This comes as a time when Japan can ill afford to offend China. The Japanese economy, sliding downward for more than a decade, is back in one of its periodic stalls. China is the engine that can help. Newly rich Chinese buy Japanese exports or purchase Japanese goods manufactured in China.

So Japanese business took note when some of the Chinese demonstrations were aimed at Japanese stores or goods in stores made in Japan.

Will it change Japan's attitude? Probably not. Nationalism trumps economics in Japan, without fail.

How much longer will Japan continue to whitewash its history? Well, we're at 60 years since the end of the war and still counting, and as recent events show, there are no signs of change by the Japanese.

If we were talking about a person, we'd suggest he or she get some counseling for being in denial.

Alas, there is no psychiatric couch big enough for a whole nation in denial.


特にこの最後のバカにした一文は、ジョークのつもりなのか?

つづく

バイリンガル教育に関心がある者にとって、セミリンガルはもっとも恐れている事かもしれない。

私は日本の典型的な学校英語育ち。強いて言えば小学校六年から洋画にはまり、英語に関心を持つようになった。その時やっていた公文に英語を加え、聞き取りといえば公文の専用音声カードと再生機械を買ってもらった。中学で英語が始まると、教科書に沿ったテープも買ってもらいそれをテスト前に聞いた。後は、ひたすら同じ映画を繰り返し繰り返し見たくらい。

思えばアウトプットの機会がほとんどなかった。高校での英会話の授業が初めての英会話体験。初めての海外は高二の時、シアトルに2週間のホームステイ。かなり物質面でのカルチャーショック☆<( ̄□ ̄;)>☆を経験した。

大学は外大で英米語専攻。今度はイギリスに4週間のホームステイと10日間の観光へ。イギリス映画も結構好きで見ていたから、イギリス英語にあまり抵抗はなかった。日本人が嫌うカタカナっぽい発音でも、アメリカに比べて通じやすいので驚いた。イギリス人は私たちが話すアメリカ英語や、アメリカ自体にかなりの対抗心を持っていることを実感した。アメリカ英語は先生や誰からでも、いちいちその都度注意された。

とにかく、在学中は通訳の養成学校に通ったり、TOEIC英検を受けて英語の教職も取った。卒業後は運良く、高校で英語を教えることに。かなりの勉強嫌いで英語嫌いの生徒たちと、悪戦苦闘の毎日を送る。

2年働いたら、アメリカに修士を取りに行きたいと思っていた矢先、白熊と出会う。真剣に付き合っていたが、お互い慎重なのでまず私が留学をかねて彼の所へ。そうすれば、もし途中で別れることになっても、私は学位を取って帰ればいいもんね~。ところが、関係は進展し無事結婚。今もまだ学位(修士ではない)を取るべく学生生活を送る

ε= (´∞` ) ハァー、前置きが長くなってしまった。

夫となった白熊は日本語が話せない。今は簡単な挨拶ならOK。(「いっきま~す」とかね(⌒▽⌒))

だから日本人の友達がほとんどいない、私の今の日常アウトプットは英語。インプットは夫や現地人との会話、学校の授業、多量に読む教科書は英語。テレビはあんまり見ないけど、つけるともちろん英語。

しか~し!インターネットで日本語を読みまくる日々
日本の映画やテレビも数は少ないけど、同じのを繰り返し見ている。

ネットで日本語を読んでいる最中に、白熊が話しかけてくる時、すごく頭が混乱する。結局、"Huh?"と聞き返し、日本語から目を離してからじゃないと、英語が頭に入ってこない

一番苦労するのが、日本語から英語に訳す時。白熊に日本語で読んだニュースや、メールの内容などを伝える時、文字通り頭の中で「翻訳作業」をしてしまう。英語でインプットしたものについて話すのとは、明らかに違う頭の働き。通訳学校に通ってたのに・・・(ノ_-;)ハア…

しかもこうやって、今日本語を書いていて実感すること。

「自分の日本語能力のなさ」

かといって、英語が優れているとも言えない。もちろん、こちらに来る前よりは会話力も単語力も伸びただろう。白熊となら政治や経済、宗教など難しい話も出来る。でも、他の人とは自信がないので話をする機会を避けている(苦笑)

英会話も流暢とは言い難いのに、日本語もどんどん漢字や敬語を忘れていっている。学校英語教育の強み、英語の綴りでさえ、こちらでは手書きで正式文書は出さないので、ワードのスペルチェック機能に頼りすぎで自分では綴れなくなってきた。

ヤバイ ε=ε=ε=ε=ヾ(;◎_◎)ノ

これからこちらで就職するべく、英語はもっともっと上達させなければならない。その上で、何十年もの英語生活も待っている。子供を持つようになれば、日本語で話す機会は出来るだろうが、敬語を使う機会は (゜Д゜) ??

となると、ますます日本語力降下に拍車が掛かるわけで。中途半端を抜け出すには、ここでは必要最低限の英語をネイティブスピーカのごとく、向上させるしか道はないのか?!(; ̄ー ̄)...ン?

昨日は私のクラスの先生の実験とやらに参加した。
2ページ分の説明のあと、内容を理解しているかの小テスト。
その後、説明にあったビジネス背景をもとに、
そのビジネスのマネージャーとして投資額を決める。
ただそれだけ。全部で30分くらいで終わった。


報酬は参加したら$5
。あとは自分の投資結果によって
もらえる額が決定
する。私は一番リスクの低いものを選んだ。

参加しただけで5ドルでも十分だと思っていた。
今日、その投資結果、つまり報酬が支払われる日
だから、朝早くから学校へ来た。テスト勉強もあるし。

で、私の報酬額はなんと・・・

 $22 
キャー!ビックリ!! (*゜ロ゜)ノミ☆(;>_<) バシバシ

思わぬ臨時収入だわ Σ(・o・;) !

てっきり$5だけかとばかり思っていたから、
いつものお寿司を昼食に買おうかと思っていたんだけど
なんか普通に昼食代に使うのは惜しいような・・・

白熊に何か買おうかな ヽ(~~~ )ノ ?
でも、それだと$22ではかなり選択が狭くなるけど。

このノートブックパソコンにも、顔文字辞典なるものをインストールしようと、
悪戦苦闘すること約2時間・・・なんとか設定終了ε= (´∞` ) ハァー

来週はテストが2つ。今までの分を何とか少しでも挽回したいので
死に物狂いで頑張るつもり。(絶対ウソΣ(゚Д゚;! )

今朝は久しぶりに、スターバックスで Tazo Chai Cream のフラペチーノを飲んだ。
白熊がギフトカードを会社の上司からクリスマスに頂いたので、それの残りがまだあったからだ。

自分ではコーヒーにそんなにお金を掛けれない・・・ケチンボだから。

日本と違って、アメリカのキャンパスには、格安で量が多い日本の学食にあたるものはないのだ。
各業者がショッピングモールのように、キャンパス内で普通の商売をしている形態。

しかも、この広~いキャンパスの外へ買いに行く時間がない学生の需要により、
外よりも高い値段で売っている・・・

だから学生生活の当初から、手弁当持参なσ(-_-)ワタシ。ついでにコーヒーも持参。

そんなこんなで、今までキャンパスで昼食を買うこともしなかったが、
去年の初め頃から白熊がお小遣いをくれるので、大好物のフライドポテトやお寿司などを時々買うようになった。

別に今まで買えないくらいお金に困っていたわけではないけれど、
日本で家計簿を細かくつけていた時、「こういう毎日のジュースやスナック代が、意外とかさんでいくんやなぁ」
と実感したので、節約癖がついたのだ。もちろん、本来のケチな性格もあるし。

このお金は白熊いわく小遣いではなく「スナック代」だから、貯金されるよりも
そうやって、キャンパスで飲食に使われる方が嬉しいらしい。

それでも毎月余るので、残りはちょっとずつへそくり貯金している。
(夫からもらっているから、へそくりって言えないか。)

今日は水を持参するのを忘れたので、$2で1リットルの水を買わないといけなかった・・・

お昼も今日は何か買うつもり。何食べようかな? V(○⌒∇⌒○) ルンルン

うちでは毎週日曜日「家族の日」
まだ子どもがいないので、夫婦でデートするか、彼の実家を訪ねたりする日。
私が働きはじめたとしても、日曜日だけは空けておくように、とすでに言われている。

最初はちょっと面倒くさいな、と思った。しかし、世の中には
ご主人不在の日曜日に不満な奥様や子ども達がたくさんいる。
うちの父も日曜日は休めない仕事だった。生まれたときからだから、
父親ってそんなものだと特に不満ではなかったが、
子ども達をどこかに連れて行ったりしなければならない休みの日は
誰よりも母が大変そうだった。

そういうこともあり、きっとこの習慣は長い目で見て、私達にとって良いことだと思うから、
なるべく日曜日は丸一日予定がないようにしている。
といっても、勉強に終わりはないのだが・・・  
(なんて言ってや勉強していませんが(;´д`)トホホ)

先週末もまたゆっくり過ごしすぎた。
白熊に「In-N-Outのバーガーが食べたい!」と連れて行ってもらったが、
店内はめちゃめちゃ混み合っていて、席も見つけられそうにないため、
代わりに近くのショッピングモールへ行った。

モールで私が食べるものと言えば、Steak Escapeのgrand escape.
ここはphilly cheese steaksouthwest風にアレンジした
サブサンドウィッチが売り物。初めて食べた時からハマリまくって、モールへ来ると
色々ほかの食べ物を見て回っても、結局これを選んでしまう。

昼食を食べた後、しばらく2人でウィンドウショッピングをして、Dairy Queen
私はバナナスプリットを食べた。アイスクリーム3つ分ある・・・
食べ過ぎた (@゜Д゜@;)

ついに今週末も、会計の授業の宿題もやらず、月曜日を迎えてしまった・・・

ε=ε=ε=ε=ヾ(;◎_◎)ノ ヤバイ・・・・・・・・・・・・


恋人だと付き合って2、3年でも「長いね~」と言われる期間。

それが、いったん結婚すると、2、3年では「まだまだ新婚やん」となる。

在米期間も同じ扱われ方な気がする。

留学駐在の場合在米3年と言えば、「もう結構いるんだね~」

それが、永住となると「まだまだこれからやん」となる。

何でしょう(・・? この違いは・・・

きっと、話の前提となる最長期間が違うからかな。

恋人やったら2~5年も付き合っていたら、そろそろ次のステップは?
ってなるけど、結婚は何十年も一緒に居て当たり前なのが前提になる。

留学や駐在は平均して5年くらいで、日本に帰国の人が多いのに比べて
永住は結婚同様、何十年も滞在するのが前提だからだ。

どっちにしろ、たった1年未満の海外滞在で、「こっちに長くいると~~うんぬん~~」
と話をされると思わず、

...(´∀` )(∀` )(`  )(   )(   ゜)( ゜д)(  ゜д゜)ハァァァァァァ???

と思ってしまう自分がいる。別に意地悪でなく、何となく違和感を覚える。

トム・ハンクス主演でスピルバーグ監督による、"The Terminal"
期待しないで見たのですが、まあまあでした。
話自体は現実味はありませんが、まあそれは映画ってことで・・・
ちょっと中だるみのする所もありましたが、全部寝ないで見れました(=^_^=) ヘヘヘ

キャサリン・ゼタ・ジョーンズは、どんな髪型しても綺麗~。美人な証拠ですね。

白熊がオンラインのDVDレンタル Net Flixのsubscribeを再開したので、
これからどんどんDVDで映画をみるつもり。

これは毎月$18一度に3本まで何度でも借りられます。
延滞料や送料はありませんので、つまり手元に持って置けるのが3本ということです。
1本返却するごとに、次の1本が送られてきます。
うちの場合、幸いフェニックスに配送センターがあるので、大体配達時間は1日です。

Net Flixのウェブ上で自分専用の、レンタルキューをショッピングカートのように作り、
4万以上のコレクションの中から選んで、どんどんキューに入れていきます。
映画はその自分のキューの上順から、配送されて来るわけです。

最近は、日本のツタヤのような大手レンタルチェーン店も、この「月極め借り放題制度」
取り入れていますが、Net Flixの良い所は、外国語映画のコレクションが豊富なので、
私みたいな、日本映画やアメリカ以外の映画も好きな人にはお薦めです。

今、夫の白熊がトマトの水煮缶から、自作のパスタソースを調理中(写真参照)。
トマトソースのことを英語では Marinara sauce と言います。
(発音はマリネラかマリナラ。ナとネの中間音が正しいです。シュワ音ですね。)

一般的にガーリック、トマト、玉ねぎとスパイスを煮詰めたものです。

今夜はシェル型のパスタといただきます。
pasta

もう一つ、白熊に教えてもらったウマーヾ(@⌒¬⌒@)ノ なサンドウィッチ
sandwitch

トーストにクリームチーズを塗り、スライストマトと玉ねぎをのせます。
決め手はクレオシーズニング。多分日本での入手は困難なので、コショウ等で代用して下さい。
シンプルだけどなかなかイケますよ。

時々受け取るCCメールや、どう見ても私のみを対象に書いていないメールだと、
返事する気が一気に失せる。コピーメールというか、copy & pasteされ主語だけ変えた
使いまわしメールのことだ。久しぶりだったり、近況報告だけだったら仕方ないのかなぁ。
特に時間をかけて文章を考えて、自分なりに一生懸命に書いたメールの返事がそれだと、

「私はその程度の存在なんだな(´・ω・`)」

と自覚させられガッカリする。両思いだと思っていたのに、片思いだったと
知らされるようなそんな気分になる。
まあ、そういう相手には同じように使いまわしメールでOKってことなんだろうな。


海外に滞在している人とか特に、まるで誰もが「私の近況に興味あるでしょ?」言わんばかりの
わ・た・し新聞」みたいな"me, me, me"メールが来たりする。
私が書いたメールの中身なんてまったく無視されていて、何の返事にもなっていない。
いわば購読希望した覚えのないメルマガが、配信されてくるようなものだ。

最初は「私の書いたメールが気に障ったのかな? 変なこと書いちゃったカナ?
この返事は一体何が言いたいのだ? わからない私は読解力がないのかも?」と
色々気に病んでいた。
確かに私は友達には、割りとはっきり意見は言う方だから、耳に心地の良い事ばかりではないだろう。
だけど今になってやっと、メールにある「近況を聞かせて」も「話聞かせて」も、単に社交辞令であって、
結局私のことには何も興味がない人なんだ、とようやく気が付いた(鈍い)。

以前から自分が調子の良い時にのみ、それも自分語り
うわべだけな内容のメールしか書いてこない人だな~、と薄々気付いていた。
超鈍感な私はやっとこさ、今までのメールが

「あんたのウンチクなんかより
『こんな私でもやっていけてるし、貴方なら絶対大丈夫、やっていけるわよ!』
とか、

『すご~い!海外に行ったのも彼に会う運命だったんだね!そんなに想われてよかったね~。ウラヤマ~』

とだけ言ってくれたらいいの!」っていう

催促メールだったんだと気が付いた。

きっと友達ならこんな時でも、微笑ましい温かく見守るんだろうけど、
いい加減一方的なメールや「察してよ!」っていう遠まわしな言い方に疲れてしまって、
友達と思えなくなってしまった。

論文の書き方とかで学ばなかったのか、一つも具体例がなくひたすら抽象表現のオンパレードだから、
「そりゃよかったね~」以外にコメントのしようがないし。

てっきり友達だと思って真摯に対応していたけど、最近思いっきり
日本に住んでいる友人向けの使い回しメール

受け取ってさすがにバカバカしくなった。もちろん返信しませんよ。

なんか一語一語よく読んで、真剣に受け止めて返事を書いていた自分がアホみたい。
もう今度から私もsuperficialな内容で、気が向いた時にのみ返事する事にしよう。
私とはその程度の付き合いってことなんだよね。

とんちんかんな返事を送ってくるくらい、そんなに自分のことを伝えたければ、
一層のことブログメルマガでも始めたら良いのに・・・
そうすればメルアドをJunk mail指定する以外に、読み手である私にも選択権が与えられるし。

私自身も渡米後のメールなんかどうだったかな?と振り返り、初めての海外暮らしや
学校に結婚等、生活の急激な変化で舞い上がって独りよがりな一方通行メール
送ったりしなかっただろうかと自分を反省。
今後も自分の事ばかりのメールにならないように、気をつけようと思う。
ノロケ他人にとってどうでもいいことは、なるべくここに書いておこう(笑)(´ー`)
今日は朝からCostcoへ日用品の買出しへ。
ここへは2ヶ月に一回くらいの割合で行ってます。
主に、トイレットペーパー、缶詰類など保存食を買いだめするため。

今回は白熊が前から欲しがっていた扇風機を購入。
この日もだけど、昼間は半袖でないと汗をかく気候になってきました。
まだエアコンは早いけど、窓を開けても何となく暑いんです。
購入した扇風機は日本でよく見かけるやつではなくて、
部屋の空気を循環させるためのもの。

白熊が必要なものを買っている間、私はお店の中を試食廻り、
そして自分の欲しいものをカゴへ・・・

白熊は食料品の買い物も、私よりも真剣に積極的に動いてくれるので、
彼がレジで会計など済ましている間は、私はゴシップ誌をチェックするのが
習慣になっている。

ところで、土曜日に行ったスーパーにて
『わぁ!たこ焼き器が売ってる!!!\(◎o◎)/!』



っと喜んだのも束の間・・・

muffin

それは単にマフィンの型だった・・・(´・ω・`)ショボン


何回も何回も「ナニワ金融道」シリーズばっかり見て、
たこ焼き明石焼きが食べた~~い!」っと思い過ぎたのかも。
日本語でリベートと言えば、
1.支払い代金の一部を謝礼金・報奨金などとして支払人に戻すこと。
2.手数料。世話料。また、賄賂(わいろ)。(yahoo辞書より)

アメリカ流ディスカウントといえば、

"Buy one get one free"


"Mail-in-rebate"
 
(最近ではstore-in-rebatやinstant rebateというのも)

Buy one get one freeというのは、1つ買うと二つ目は無料。
ただし、全く同じ商品でなくてもいい場合、二つ目は1つめよりも安い商品を指す

なぜ、半額セールの代わりに量を売りたいのか・・・
単にキャッシュフローをよくする為だろうと思われる。

Mail-in-rebateはレジで割り引いてくれるのではなく、
購入後に箱についてあるバーコードとレシートを、
必要事項を記入した専用用紙と共に郵送し、認められた場合のみ
割引分の小切手が送られてくる。

つまり、ここで使われているrebateという単語は、日本語で言う「割引」の事。
store-in-rebateやinstant rebateはレジで割り引いてくれる、いわゆる「レジで割引」と同じ。

なんでこんな単語を使うのか・・・・散々使われた30%引きとか$5引きよりも、
新しい感じがして「客の目を引く」ことから流行したんだろう。
日本でも『割引』の代わりに「キャッシュバック」という言葉が流行るのと同じだ。
売り手もどんどん新しいキャッチフレーズで、客を呼ばねばならないからか。

題名にある"Mail-in-rebateの罠"とは、郵送式リベートの場合、
小売店はリベート取扱い専門会社を利用していることが多く、購入者は
このリベート専門会社に用紙その他を郵送する。

リベート会社というのは
「いかにお客のミスを見つけて、お金を払わなくてもいいようにするか」

に長けている。例えば、よくある理由が

「記入漏れがありましたので、無効とさせていただきます」

これはお客の書いた手書きの字が汚くて読めないからという理由も含む。

同じ商品をこのリベートで安くなるからと、二つ以上買った場合。
申し込み用紙の住所が同じだと無効にされることが多いので要注意!
別に一人一つしかダメだと書いていないけど、住所が重なると詐欺を疑うのか、
何かと理由をつけて無効になること多し。

特に、有効期限内に送ったのにわざと処理期間を延ばして、
「有効期限が切れているので無効です」とか言われるのはよくある。

「ちゃんと早めに送ったのに、そっちがトロいだけちゃうんか~(`□´)コラッ!」

と言おうが取り合ってくれませんので、悪しからず。
だから、念のためうちは同じ商品の2つ目は、夫の実家の住所を使ったりする。

郵送しなければならない場合、もともと有効期限が短かかったりするので要注意

「無効です」と何回か冷たい葉書を受け取り、学んだ私は
Mail-in-rebateの物は、なるべく買わない
ようにしている。
今朝は「今日って言ってたテストがあるんちゃうの??」
と、起こされる・・・私は思わず
「はぁ~?何言ってんの?私今日は学校ない日やし」っと寝ぼけながらも冷静に返した。

白熊流のエイプリルフールジョークらしいが、「テスト」ってこれまた意地悪やなぁ・・・

昨日、会計の先生からメールが届いた。以下は引用

"More people have dropped ACC350 than I had anticipated. I know several
additional students are thinking about dropping the class before the
unrestricted deadline. Given the unexpected situation I think it is reasonable to raise the curve for the class from 77% to 80%. I will look at the grades after the third exam and curve up to 80%. Right now the class average is ~ 76%. So, at this point I would apply a 4% curve in estimating the grades. "

ということで、水曜日の日記で嘆いていた8%ダウンが、事実上4%ダウンなった~!!

崖っぷちで必死で勉強しなければいけないのは変わらないが、ちょっとヤル気のでる嬉しいニュースだった。
// HOME //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。