ぼちぼちいくよ、Lalaの毎日♬
最近の記事
カテゴリー
カレンダー

09 | 2004/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

ブログ仲間のリンク
プロフィール

Lala

Author:Lala

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

過去ログ
RSSフィード
最近のコメント
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は、ケーブルテレビで「ジェシカおばさんの事件簿」と「刑事コロンボ」が見れました。私がジェシカおばさんや「大西部の女医ドクタークイン」が好きで、殆ど全部のエピソード見たと知ると、夫の白熊は「ゲ~、祖母が生きてたら君と趣味があったやろうなー」と。彼が言うには、両方ともお年寄りが好きなドラマらしい。ドクタークインなんかは、日本のお年寄りが時代劇を好んでみる感覚なのかも。でも、私はあれで西部開拓時代の中西部の様子をずいぶん知る事が出来たと思う。もちろん、架空の話で良い様に脚色してあるのは前提で。

日本にいる時は、毎シーズン番組編成があると、海外ドラマっぽい目次は深夜や都合のつかない時間はビデオをセットして、とりあえず全部チャックし、気に入ったのを毎回ビデオに撮っては見てました。アリーマイラブ、ビバヒル、名探偵ポアロは全エピソードビデオに保存しています。ビバヒルなんて3倍録画でも全部で30本以上になってしまいました・・・

マイナーな作品では、アリーのプロデューサーであるデイヴィッド・E・ケリーの作品が特に好きで、中でも深夜にやっていた「ピケットフェンス」にハマりました。各話がアメリカの社会問題を扱っていて、海外の文化や社会問題に興味のあった私にはうってつけのドラマでした。このプロデューサーは実生活ではミシェルファイファーの夫で、アリーと平行して「プラクティス」、その後は「ボストンパブリック」、今も弁護士ファームの新しいドラマ(題名忘れた)をやってます。彼自身が元ボストンの弁護士なので、いつもボストンの弁護士の話が多いみたいです。

外大に入った時に感じたことは、帰国子女もたくさんいた大学だけど、帰国生と比べても私は映画やこういった海外ドラマから、かなりアメリカ文化や社会問題を知っていたと思う。社会問題なんかは興味がなかったら、たとえ住んでいる国でも詳しくはならないと思うので、映画やドラマが私の好奇心を満たしてくれた結果かも。1年くらいだけ留学してアメリカかぶれな人だと、アメリカの良い面ばかりを見てしまって、悪い面や暗い部分は無意識に見ないようにしていたり、日本の事には自虐的だったり。そういう私も高校生まではアメリカかぶれだったかも。今は、冷静に日米の良い所と悪い所を見るように心がけています。海外に長く住むと、今度は日本を美化し過ぎてしまう傾向にあるみたいなので、それも気を付けないと。
スポンサーサイト
今日は、朝から日本みたいに土砂降りの雨でした。久し振りの雨に加えて、ほぼ一日中雨なんてアリゾナではありえない!カリフォルニア州で大規模な大雨で洪水になっている地域もあり、その雲がアリゾナを通過したからです。今年の夏はモンスーンが殆どなく、干ばつの地域もあったのでアリゾナでは比較的歓迎された雨でした。北の方のフラグスタッフでは初雪になったみたいです。フラグスタッフは、冬はスキー・スノボーでアリゾナでは有名な所らしい・・・スノボーした~い!

ハロウィーンがもうすぐですが、うちは毎年何にもしません。私は面倒くさいのと、夫が宗教に反するとかで反対なのもありますが。彼は教会や特定の宗派には属してませんが、敬虔なクリスチャンなので聖書に書かれてあることを頑なに信じ、忠実に守っています。私は無宗教なので、別にこの行事に関してはどうでもいいんですが。最近はテロの影響で、お菓子を貰っても殆ど全部捨ててしまう家庭が多いのと、物騒なのもあって住宅地でもイマイチ盛り上がりに欠けるのが、どの地域でも共通のようです。私は学生町のアパート住まいっていうのもあり、飾り付けをしている家はめったにお目にかかれません。飾りを付けている家にしか訪ねに行かないのが基本なので、今年もこのへんは誰も来なさそうです。

高校で英語を教えている時は、プラスティックのジャックオランタンの入れ物に、ファミリーサイズで売ってるいろんな種類のチョコや飴玉を入れて、その日に教えたクラスの生徒全員に、授業の最後にハロウィーンの由来が書かれたプリントと共に説明し、「trick or treat」と一人ずつ言わせながらお菓子を配りました。

私自身は英語自体を教えるよりも、「国際理解」を教えたいっていうのもあって、教師時代はなるべく英語圏の文化面を紹介するように心掛けていたつもりです。科目が英語なので、どうしても英語圏に関する事になってしまったのですが。ハロウィーンがどうのというよりも、こういうちょっとした事で海外の文化に興味を持ってくれたらいいな~、という願いでもありました。

そういえば、今日スーパーに寄ったら、もうエッグノッグが販売されていました。夫によると、元々はクリスマスの飲み物だけど、今は感謝祭から新年までのアメリカのウィンターホリデー期間中ずっと販売されているんだとか。そういえば「ビバリーヒルズ青春白書」で感謝祭に、みんなウォルシュ家のエッグノッグを飲んでいたような・・・海外ドラマでは、どのドラマもいつも劇中の人が何を食べているのか、結構気になって見ていたので・・・(食文化の違いもおもしろいですから・・・っていうかただの食いしん坊だから?!)
ピーナッツバター&ジャム(peanut butter & jelly)のサンドウィッチも、このドラマでブレンダが食べていて、「なんで両方一緒に挟むねん!きも~」と思っていたのに、今では自分で作ってたまに昼食に持って行ってます・・・はい。実はコーヒーとの絶妙な組み合わせだったり。何より簡単1分クッキングなり。ははは

う~ん、明日は授業はないけど、学校行って勉強しようか、家でしようか・・・迷い中。
夫に送り迎えしてもらうと、朝の7時過ぎから夜の7時半まで学校にいることに・・・
今日は大統領選討論大会の最終日ですが、なんと私の通っている大学で行われます。3つあるクラスのうち、2つは休校になったので今日は学校を休んでいます。主要道路は高速道路も含め閉鎖、駐車場も数箇所を除いて閉鎖になるのに、大学の校長は教師全員に休校にしないよう通達を出したとか。生徒の安全を第一に考えれば、学校全体を休校日にすべきなのに、本当にビジネス(お金)と世間体しか考えない校長だな~、と呆れます。全然政治的に活動的な大学でないので、ここが会場になったと言うのも驚きでした。昨日から、スポーツを応援するように生徒もケリーかブッシュのプラカードやステッカーを持って、テレビ中継の前に群がってました。討論を聴講するためのチケット抽選には1万5千人の生徒が応募したみたいです。CNNとMSNBCの中継ステージが特設されていて、生放送で学校の様子がだびだび放送されています。
昨日のローカルニュースでも伝えていましたが、もちろんかなりのお金がこのイベントで動いているわけで、州立と言えど本当にこの国は資本主義が徹底しているな~と思う一幕であります。
日本の報道はケリーに好意的でブッシュに批判的な記事が多いですが、選挙前の各メディアの統計は組織票が多すぎで信憑性がありませんので、実際は今は5分5分な感じです。マイノリティや女性はケリーに投票すべき!みたいな極端なキャンペーンにはちょっと萎えます。私はどちらも好きではないので、もし選挙権があれば第三者に投票するでしょう。人物的には2人とも同じくらい胡散臭すぎです。

ところで、掲示板に写真をアップしている実家の猫が先日病気で亡くなってしまいました(涙)。実家の猫の中で一番若い猫でした。症状が悪くなって初めて、元々持病があるのがわかったり病気を併発したりで、動物は人間の言葉を話さない分飼い主の責任も重いな~と今更ながら実感します。

今学期はあまりいい事がないので、モチベーション下がりまくりなんですが、今週はインターンシップの面接が2つあります。1つはもう終わったのですが、緊張したけどバイトの面接みたいでした。あれなら落ちても運が悪かったと思えるので、まあ悪い気はしませんでした。もう一つは金曜日の朝にあります。前日に面接前の夕食会ってのがあって、大きい会社だし提出書類も多いし、緊張します。
インターンは出来ればいいけど、夏の講座が取れないので半年卒業が延びてしまうし車を買わないといけなくなるので、インターンが取れなくてもどっちでもいい気がしています。
asu
// HOME //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。