ぼちぼちいくよ、Lalaの毎日♬
最近の記事
カテゴリー
カレンダー

03 | 2004/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログ仲間のリンク
プロフィール

Lala

Author:Lala

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

過去ログ
RSSフィード
最近のコメント
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「海外にいつか移住してみたい」とか「また海外に留学したい」、「アメリカ在住の人が羨ましい」など、色々な方々のHPを巡っていると目にすることがある。もちろん、全員がそうではないが大抵そういう風に海外に強い憧れがある人は、海外に1年から3年くらい留学し、コミカレや語学留学だった人が多い。あと、アメリカ以外ではワーホリとか。学歴云々でなくて、滞在期間が大いに関係しているようだ。

一方で、こちらで苦労してH-1ビザを取得し、数年働いている(ていた)方々は、アメリカ文化や人々の良し悪しと離れたところから見た日本とを比べて、「どちらが自分の性格に合っているのか」、「このまま海外で暮らしていて後悔はないか」など、共感する事が多い。親はいつまでも元気なわけじゃない。「親孝行、したい時には、親はいない」これは私が一番よくわかっている事。

私はまだこちらに来て2年しか経っていない。2年なんて本当にあっという間だった。英語もまだまだ頑張らないといけない。2年目に入ってやっと生活や環境に慣れてきたカナ?!って感じだ。私の学業もうまくいけばああと1年と半年“しか”ない。もし、永住ではなく留学生のままだったらなるべく日本語と日本人を避けて、出来るだけ英語を吸収しアメリカ人との交流にいそしんだと思う。だって、滞在期間が限られているんだからね。

極端に憧れや羨望を抱く人っていうのは、理由の一つにおそらく1,2年滞在して日常会話も問題なくなってきて、友達もできこちらの生活が丁度楽しくなって来た頃に帰国してしまったこと。もう一つは、1,2年というと丁度カルチャーショックの4つ目の「自律-文化的な違いも共通点も認めた行動がとれる」段階で帰国し、特に3ステージめの「自己再統合-異文化に対する拒否感、フラストレーション」から抜け出した反動で、ともすれば「~だから日本は駄目なんだ」と逆に外国の方が日本より良くみえてしまう人が多いのかもしれない。

きっと1、2年の滞在だと所謂「不完全燃焼」になってしまうのと、日本の家族と離れて暮らさないといけない罪悪感や、年老いていく親に親孝行できない焦燥感などを感じる前に帰国できる事、また、学生というお気楽で楽しい生活の思い出だけを胸に帰国するからかな?!(実にウラヤマしいではないか・・・)

私の勝手な分析なんで「私は違います!」って異見したい人もいるかもしれません。ただ、何となくネット上で見て思っただけなので何の裏づけや根拠もございません。
ただ、自分が2年もここにいるのが信じられないくらい「燃焼」してないので、勝手に推測してみました。私自身、学生ビザで滞在していた頃と永住権を手にしてからの自分の気持ちが全然変わってしまったんで、なんでそんなに海外移住に憧れるのか疑問に思い少し考えてみました。不快に思った方がいらしたら、ごめんなさい。
スポンサーサイト
学期末テストが終了する次の日の飛行機で、日本に帰れることが決まりました!!
といっても、たった2週間のバケーションですけど。
もう今からウキウキ♪o(^-^o)(o^-^)oワクワク♪
色々したい事、しなければいけない事、買いたいもの、行きたい所、食べたいものなど妄想満開です。

去年は夫とJRパスを利用して、東京や広島など遠出したんですけど、今回は遠出はしないで家族や友達に会うことを中心に、ゆっくり日本を満喫したいです。

お刺身や納豆ご飯(生卵入り)など、日本が一番な食べ物を鱈腹食べたい!!!

しかし、うちの夫は魚が全く駄目でなので、お出汁や鰹節、糊や麺汁ももちろんNG。前回、彼の憩いの場はマクドナルドかサブウェーでした・・・2人の間では、食文化の違いが一番大きいかも。こちらでは、特にアリゾナは海がないし、私がどんなに“おいしい魚”が食べたいか知っているので、「日本に帰ったら、週3回になろうが何回でも命一杯魚食べときや~」とは言ってくれていますが、魚嫌いの彼を連れて日本料理屋を選ぶのは難しそう。若者向きの居酒屋やファミレスは、メニューが写真になっているし、和洋折衷の食べ物があってよさそう。
今週の学校へ行く日もあと一日で終わり!本当に1週間が早いな~。週初めの月曜日は今学期初めて学校をお休みしました。
実は、先週から急性膀胱炎が再発(去年なったことがある)したみたいで、何度もトイレに行かなければならず、朝一で薬を買いに行って家で休んでました。こちらの薬局は日本では処方箋がないと買えない薬が、処方箋なしで買えちゃいます。薬の中にはその逆もあるんですけどね。そして、こちらの大抵の薬は日本の2倍ぐらいの強さがあります。アメリカに旅行に来る人で、薬アレルギーがあったり体の小さい人は要注意ですね。

まあ、その話はまたの機会に置いといて・・・そんなわけで、急性膀胱炎の薬も抗生物質入りのも買えました。クランベリージュースも買って、以前に買ったクランベリーの錠剤と大量の水も飲みまくり、火曜日からは学校に行けるまでに回復。今は、殆ど治ってます。まだ、用心のため薬は飲み続けてますけど。クランベリージュースが一番即効性がある気がします。クランベリーってキツイので27%の濃度が一番高いものでした。ほぼ2リットルで400円なんですけど、日本ではたぶんもっとするんでしょうね~。

来週はまたテストが2つ。5月は学期末テストだし、ほんとにあともう少しだな~。
もう週末が終わってしまった。ホームページのデザインを変更して、英語版の掲示板やホームページなども主にデザインをいらって終わっちゃった・・・HTMLの授業は終盤に向かって難しくなってきているので、宿題のフォーム作りもまだ終わってない。水曜日までなので、まあ学校で終えるようにしよう。

日本語版の続きに取り組む前に、今は5月3日に提出の授業用の英語版HPを完成させなければなりません。テーブルやフレームなど、含まなければいけないタグ等以外は、自由なのでこのまま、このHPの英語版でバイリンガル教育の変わりに、ギャラリーで写真を入れたり、文字はほどほどにして習った事をなるべく含めるように作成しています。

今日は掃除機をかけて、grocery shoppingに行って食料を調達し、洗濯をして今に至ります。honeydew melon(マスクメロンの一種)が約100円でした。他にも小さめの種無しスイカも150円、バレンシアオレンジ7個150円でゲット。ジャガイモも5キロ100円です。こんな感じなんで、日本に帰ると食料品や外食の高さに目眩がします。

ところで、この日記のお天気アイコン、ここアリゾナは砂漠なんで、降水量極少・毎日晴天(もうすぐ猛暑)だし、晴れ以外使う機会がなさそう。
私にとって、金曜日は1日中ごろごろして疲れを取る日です。
もちろん朝は寝坊。10時に起きました。
そしてネット三昧。ご飯はお昼に大量のミネストローネを作りました。
なんだか水が多すぎてちょっと失敗。でも気にしない、気にしない。
PCでネットサーフィンしながら、日本のアニメを1日見てたら、
もう1日が終わってしまった。
明日は、HTMLのクラスの宿題を終わらせよう。
掃除機もかけようかな。

ところで、私のHPの表紙を含む猫たちは実家の猫です。表紙は愛猫のジュリア。ジュリア・ロバーツから私が命名。そのせいか?口がデカイです。私が子猫の時から大事に育てたので、性格が私にそっくりです。義兄には「ガッツ」と呼ばれています。理由は見たまま・・・。アメリカンショートヘアーで、すごく育てやすいです。あ~、はやくジュリアに会いたい!!

この右に出ている猫は、ソマリという種類のケリーちゃんです。名前は弟がビバリーヒルズ(高校)青春白書から付けました。まったく、ミーハーな一家ですな。
今日一日の行いを書いて見ます。
AM6:00 起床(30分寝坊)
急いでシャワーして身支度。夫の作った朝食を、時間がないのでタッパーにつめ、ピーナッツバター&ジャム+クランベリー入りサンドを作って、学校へ。

7:30 カフェテリアにて朝食を食べながら、最初の授業(「東アジア文化」)での小テストに向けてテキストを読む。今回は「日本語について」なので楽勝。中国・韓国に続いて、今月は日本なんですが、やはり毎回楽勝。中国が一番難しかったかな?先生の教え方かも。

10:00 カフェテリア内のソファに移動し、寝ること3時間。週の最後の日はとにかく眠い(笑)

13:00 起きて教室へ移動。

13:40~15:00 東アジア文化の授業。

15:00 バーガーキングでアイスコーヒーを買って、カフェテリアでFOX NEWSを見ながらサンドウィッチを食べる。

16:00~コンピュータールームにて、メールチェックやこうして自分のサイトに書き込み。

17:00~18:30ソファのあるところに戻って、次の授業(日本の歴史)の教科書を読む。

18:40~21:00 日本の歴史の授業

21:30~ 帰宅→軽い夕食→就寝

こんな感じです。今学期は、選択科目がほとんどなので、楽ですね。夏からの正念場に向けて充電しています。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

今日は夫も仕事が午前中までだったので、夕方から久し振りにモールへ買い物へ。トミーフィルフィガーの服が75%引きだったり、こっちはセール品だとスゴイ値が下がる。というより、”値崩れ”する。消費者としては嬉しいけど、日本でこれをやると、いづれアメリカのように生産業はほとんど国外へ安い労働力を求めて移動しなければならないだろうから、こんな極端な値崩れは避けた方がいいと思うな。

そういえば、国外へのアウトソーシングが今、すごく問題になっていて、労働の国外流出対策も大統領選の焦点のひとつ。例えば、デル・コンピューターはカスタマーサービスをすべてインドに移した。多くのインド人が米国で高等教育を受けている(特に工学・コンピューター系)ことと、英語が話せる事、賃金が国内で米国人を雇う何十分の一で済む事が主な理由。しかし、最近あまりに苦情が多くて取りやめたらしいけど。その苦情とはアクセントが強すぎて英語が通じないとの事。というわけで、元米国領のフィリピンにサービスを移すらしい。デルだけでなく、同じような大企業は同じような理由でフィリピンに注目しているらしい。

キャノンがプリンター生産強化で、日本の工場を縮小してベトナムでの生産に力を入れるとか。すごく残念で懸念している事だけど、近年の企業の動向を見てると、雇用や給与など含めて企業スタイルがますます米国化している。問題はそれに伴う副作用の受け皿が出来てない事だと思う。つまり、社会システムが企業システムの変化に追いついていないというか。例えば、転職は未だにネガティブに取られてしまうし、再就職の年齢差別もひどい。男性が専業主夫になり女性が大黒柱になったりすることへの偏見や、共働き夫婦の性別分業からの負担や子育て環境とか、社会制度や社会通念が欧米ほど整ってないのに企業の縮小でどんどん会社は人を放り出してしまっている。残念だけど、ベストセラーの本にあったように、このままいくと本当に平均年収が300万台もありうるんじゃないかな。アメリカを追うだけじゃなく、なんとか日本らしい対策を見つけられるように願ってならない。

テーマ:アメリカお家事情 - ジャンル:政治・経済

あと約1ヶ月で今学期も終わります。なんかとっても早く時が過ぎていくな~。今学期は金曜日に授業がないので、1週間が終わるのも早くてGOOD。今日は、オナーソサエティーに入会してきました。年会費がちょっと高いけど、まあ履歴書の飾り&将来のネットワークに役立つかな~、と思っておもいきって参加してみます。こっちであまり友達いないし、良い機会になればいいな~。

テーマ:暮らし・生活 - ジャンル:ライフ

「国際結婚市場花盛り…欧米人求める女性急増」(夕刊フジ)
結婚相談所が日本女性と欧米男性向けのパーティーを始めたそうで。
女性は入会・年会費20万から30万払い、集められた「エリート」欧米人をゲットすべく着物を着て立食パーティーの写真が載ってました。男性の数に対して数倍の競争率だそうです。理由のひとつに、「日本男性は若い女性ばかりを要求するが、欧米の男性は若い人はつまらないと言う。キャリアを積んできた高収入高学歴の日本女性は、日本男性は敬遠しがちである。」よって、ニーズが合うのだそうです。
確かに日本の年齢信仰には呆れる。若ければ若いほど良いとか、独身の40代50代の禿げた女性経験はプロ以外皆無みたいなおじさんがよく言ってるよね。

しかし、まあ最近の英語学習雑誌や学校のファッション化にも嫌悪感をおぼえるな。20代前半を対象にした英語雑誌なんか「英語でイケ面外国人をゲットしよう」とか「英語できれいになる」とか、ほんまにアホみたい。そんな売り言葉にまんまと乗せられる人達が。ほんの一部でしょうけど、一昔前も「三高」とか言葉が流行ったね~、そういえば。確かに、ハーフの子がほしいとか外国に住みたいとか不純な動機で、つたない英語と身振りで在日外国人と交際している人もいるけど、そんなのただの一部だし(と思いたい)。そういう人達にとって、外国人との付き合いや結婚もブランド鞄と一緒なのかな。で、すぐに飽きるか理想と現実の違いにギブアップ。まあ、痛い目をみて傷つくのは本人だから。

なんか今日の記事といい英語雑誌の傾向といい、国際化もいいけど意味を取り違えてほしくないし、英語学習や国際結婚が単なるファッションになってほしくないな~。だいたい国際結婚と言う言葉自体、異質みたいで嫌だな。結婚生活なんて中身はみんな似たようなものだからね。悩みの種だって日本人同士とそんなに変わらないはず、普通に恋愛して結婚したならば。

テーマ:国際結婚 - ジャンル:結婚・家庭生活

// HOME //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。