ぼちぼちいくよ、Lalaの毎日♬
最近の記事
カテゴリー
カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログ仲間のリンク
プロフィール

Lala

Author:Lala

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

過去ログ
RSSフィード
最近のコメント
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今週から毎朝6時起床。
久し振りの朝方生活を強いられ、帰宅後は毎日バタンキュー(死語?!)。

コメント&ブログは週末にでもアップするつもりです。
訪問していただき、ありがとうございました。
スポンサーサイト
ただいま午前2時。夫も私もまだ起きています。彼は夕食を食べてから11時頃まで昼寝をし、今は私の横のパソコンで彼の休日にやるはずだった仕事をやっています。

水曜日は夫が私の就職活動のために、今年から休日にしてくれています。

今日も昨日の日記でお伝えしていた通り、1社と面接の後に会計専門派遣会社に出向きました。そこで急遽、派遣先である日本企業と面接ということになり、1社目に行った町までまた戻り、直接派遣先と面接をしてきました。(詳細は週末にでも・・・)

3つの町を行ったり来たり・・・今日は約130Kmくらいドライブし、結局丸1日外出しっぱなしになってしまいました。

夕方は5時5分前に郵便局に滑り込み、宣言していたはなままへのプレゼントを、ギリギリセーフで郵送することが出来ました。

帰宅後は1社目に面接してくれた人に、follow-up letter(お礼状)をメールして今日の私の活動は終了です。あ~、疲れた!

毎日ゆっくり起きて、まったりのんびり生活しているので、今日のような忙しい日は何となく体にこたえるなぁ(苦笑)

130キロ車を運転といっても、ドライバーは未だ免許のない私ではなく、本来休日のはずの夫。自宅で終えなければならない仕事もあるのに、丸一日私の用事で彼の休日を潰してしまいました。本当にお疲れなのはだよな・・・。(そりゃ、クッキーも一人でひと箱全部完食するっちゅうねん・・・笑)

こういう罪悪感から早く開放されたいけれど、よく考えて後悔しないように選択もしていかないと。でも、早く仕事決まらないかなぁ・・・
いち早く就職?・・・・じっくり就職?・・・・・・・・堂々巡り・・・・・・・・・・・・・・・( ̄~ ̄;) ウーン(←内定貰ってから悩めっちゅうねん)

テーマ:海外生活 - ジャンル:結婚・家庭生活

昨日、夫がコーヒー通の同僚から、自宅でローストしたコーヒー豆をもらって帰って来ました。コロンビア産の豆を同僚自慢のロースターで煎ったもの。グラインダーで粉にする前から、すごくいい匂いがしました。

アメリカに来て飲むコーヒーといえば、「アメリカン・コーヒー」に代表される水っぽいもの。何と言うか、水と同じような液体濃度です。それに慣れてしまっていた私は、このコーヒーで「本物のコーヒーってこういうのを言うんだ~!?」っとびっくりしました。

まったく牛乳とかクリーマーいらず、濃厚で液体がちょっと重いのです。少しのお砂糖をいれるだけで、苦くもすっぱくもないコーヒー独自の味が堪能できました。これだとブラックコーヒーでも飲めそうな感じ。

しかし、コーヒーせいか昨夜はなかなか寝付くことが出来ず、私はほとんど徹夜をしてしまいました。おかげで今日一日、何かやる気出ず・・・無気力な一日でした(最悪やん~)。

朝方になって熟睡している私を尻目に、夫は今朝早めに家を出たのにかかわらず、仕事に遅刻しました。

なぜなら、ここ1ヶ月ほど彼が躍起になって探していた、XBOX360°を買うためです(苦笑)

夫は一度リリース前に予約購入したのですが、クリスマス前にEBAYで売ってしまったのです。(もちろん、その分少し儲けましたが・・・)

しかも、プレステ2が同じ時期に壊れてしまい、NINTENDO DS以外に遊ぶゲーム機がなくなってしまったので、今回は自分用に360°を買ったのでした。

本体と一緒に「DEAD OR ALIVE 4」というゲームも購入。今、リビングで遊んでいます。



⇒ 続きを読む

テーマ:Xbox360 - ジャンル:ゲーム

写真入り年賀状が一般的になって、年末年始になるとその是非について色々な掲示板で議論されている。昨年までに出尽くした話題の意見に、今年の議論は少し消沈気味ではあるが、色々な掲示板で得た人々の本音をまとめてみると、結局は「受け取り側との普段からの関係による」に尽きるみたい。

多くの人は嫌いな人から貰った物には、どのような形式であろうと気に食わないが、好きな人からの年賀状だと、どんなものであれ良い方に考えるようだ。

  • 喪中で欠礼を出したけれど、好きな友人からの年賀状は子供の笑顔の写真が一面であろうと嬉しかった人。
  • 写真なしで手書きのコメントがあっても、嫌いな人からだと「つまらない」と写真付きがいいという人。
  • 子供だけの写真だと「子供と友達なわけではない」というので、今年は子供だけではなく家族全員の写真にすれば「友人の老けた顔をみて、自分も年取ったなと改めて考えさせられてがっくりだ」という人。
  • 子供、一戸建て新築、海外旅行、ペット、夫婦、どんな写真を載せようと結局は皆「嫌いな人からの年賀状には、何かしら因縁を付けたがるのだな」と結論付けたくなる意見が多かった。


あと、年賀状もファッションと同じで、その人のセンスの問題だと思う。服装のようにその場に応じてTPOを考えなければいけないのも同じ。

例えば、会社の上司に赤ん坊の写真のみの年賀状を送る人は、普段制服の学校で「登山の遠足にハイヒールを履いてくる生徒」のような、本人は流行の服で張り切っているが「気を付けてね」と周りは苦笑するしかない状況に似ているのではないかな。本人は足を痛めたりコケて初めて、自分が場違いだった事に気付くだろう。

家族の出来事に関するコメントや写真を「自慢」だと受け取る人が多く、好きな人からだと「近況報告の年賀状」が、嫌いな人からだと「自己顕示欲の塊の年賀状」や「自己満足と自慢の年賀状」などになってしまうらしい。

確かにブログと違って年賀状だと、見る・読むことを強要された上、一応返事をしなければならないので、嫌いな人からのメールや手紙と同じ心境かもしれない。人からの「近況報告メール」でも、「ふ~ん」と思うだけで返事に困るのもあるもんなぁ・・・

“自慢”と取られやすい理由に、今まで数年間音沙汰なしだったのに、結婚・出産・新築などの自分の幸せニュースがあった時だけ、いきなり年賀状を送ってくるのが一番「自慢年賀状」になりやすいみたい。「今更、何が言いたいの?」と受け取り手は思うようで、それだけは今後気をつけようと思う。

実際、年末に大学卒業の写真付きで、久し振りに友人達にメールしようと思ったけど、「『自分の調子の良い時だけ自慢しに連絡してくる奴』と思われたら嫌やな」と思って、それはやめておいたのだ。自慢はブログ上だけにしておかないとね。

何はともあれ、年賀状を出す人は私のようにとっくに年賀状を出す事自体をやめてしまった人より、まともだという事だけは確か(笑)。

テーマ:お正月 - ジャンル:結婚・家庭生活

★あけましておめでとうございます★迎春★
今年もどうぞよろしくお願いします<(_ _)>。

こちらは今、元旦の夜です。昨日は結局どこへも行かず、夫婦2人で借りていたDVDを見て、テレビを見ながら年を越し、その後まもなく就寝。

今日はいつもの週末のように、食料品の買出しと夫の車の洗車に行ったくらい。

My New Year's Resolutions(今年の抱負)

  • アリゾナ州の自動車免許を取得する(日本では8年間ペーパー)

  • もっと料理を覚える(基礎も知らないので)

  • ジムに通い運動をする(30分でもやらないよりまし)

  • 今より4キロ痩せる(下腹がヤバイ)

  • 夫との時間を増やす(いつも素っ気なくて申し訳ない)

  • 正社員の仕事を見つける(できれば自分に合った仕事で)
    (以下は就職できたらしたいこと・・・)
  • 歯科矯正を始める(アメリカ人は歯が命)

  • 自分の車を買う(自分の足が欲しいねん)

  • 洋裁を習う(洋服の型を自分で作れるようになりたい)

  • 有給を利用し日本に帰省する(1年半帰ってないし・・・)

  • TVジャパン(日本の衛星放送)を導入する(NHKが中心らしいけど、ないよりまし)

  • もしかしてちょっと多すぎ?
    就職できたらしたい事の項目は、自分の就職に対するモチベーションのためにも決めました。従って、仕事が見つかるまでは可能でも我慢の子です。

    第一、どれもお金の掛かる事なので、自分でなんとか出来た方が、より有難みと嬉しさが増すかなと思いまして。

    何はともあれ、気分も新たに週の始めの火曜日からまた就職活動の再開と、水曜日に行く免許の筆記試験に向けて明日から勉強開始です。

    こちらは大晦日と元旦しか祝日ではないので、2日から仕事始めなのですよ(今年の場合は明日の月曜日は、日曜日の代休だけど)。正月気分も元旦だけかい?!(;´д`)トホホ
  • テーマ:今は無職だけど・・・。 - ジャンル:就職・お仕事

    日本時間が元旦を迎える前に、私の今年を表わす漢字を記録しておきます。
    (@_@)/ずばり!

    初志貫徹

    約4年前に決めたアメリカで学位を取るという目標を、今年はやっと達成できた年でした。卒業式の日記にも書いたとおり、色々と自分なりにしんどい時もあったけれど、一度決めた志(こころざし)を時間をかけて(お金も!)達成できた喜びは、self-esteemを一段上げてくれる出来事でもありました。結婚や母のことで、途中で諦めたりしないで本当に良かった・・・。

    きっと就職したら、もっとこちらでの学歴の重要性を実感するでしょう。就職活動の段階の今でさえ、面接に呼んでもらえるのは誰でも知っている大学の学士のおかげであると感じていますから。

    来年はこれをステップに、自分の性格とライフスタイルに合った仕事を見つけ、楽しく充実した毎日を送れるように飛躍の年にできるといいな~、と思っています。

    今年一年、ブログ上で何度となく私の愚痴に付き合い励ましてくださった方々や、コメントはしなくても読みに訪れてくれた皆様、どうもありがとうございました!来年もどうぞよろしくお願いしますね(^ー゜)ノ

    それでは、皆さんにとって来年は素敵な年になりますように♥ 
    良いお年をお迎え下さい!

    テーマ:2005年のまとめ - ジャンル:ライフ

    今朝は大学時代の親友と、MSNのチャットで一時間くらい話しました。彼女とインタラクティブに会話をするのは、実に2年半ぶり

    彼女はウェブカメラも持っていたので、私の方は彼女の元気な顔と一人暮らしの部屋の様子を見ることが出来ました。ハイテクってすばらしい~!

    キャリアウーマンらしく、凛々しい感じが漂っていました。かっこいい女性って素敵♥憧れるわ~!
    私たちはまだ(!)20代だけど、久し振りに古い友人を見ると、「やっぱり女性は30代から、それまでの生き方が顔に出てくるのかも」と改めて思いました。きっと毎日の表情が皺になったり、筋肉が硬くなったり・・・

    「女性は外見だけでなく、いろんな意味で30代からが勝負」と、昔から芸能人や一般人を見てて思っていたのですが、私も「良い人生を送っている人の顔」になるために、日々精進を心掛けないといけないなぁと思っています。(ボーっと口開けて何かしら愚痴っている場合ではないぞ!→私)

    ところで、私にとって気の合う友達というのはこの友人のように、どんなに長い時を経て久し振りに会っても、自然と会っていなかった時間が縮まる関係の人。相性の悪い人とは不思議とそうはいかなくて、久し振りに会うと温度差や時間の隔たりを感じてしまう。

    女性は特に「生き方の選択肢が広い」ゆえに、立場や状況が変化するにしたがって、友人関係も変化していくとよく言われるようです。「ママ友」という言葉が、その象徴かもしれません。

    立場や状況の変化により、今までの友人関係が壊れてしまうことを「縁の寿命」と表現している人達も。(寂しいなぁ)

    実際にこの年齢になると学生時代のように、自分を丸々さらけ出せる友人作りが難しくなってきました。お互いに心地よい距離を量るのが非常に難しい。

    元々私は狭く深く付き合うタイプなので、焦らなくてもそのうちここでも気の合う人に出会えるだろう、と悠長に構えてはいるのですが・・・ちょっと寂しくなる時も(ノ_-。)。

    テーマ:思ったこと。 - ジャンル:結婚・家庭生活


    今日はSunnyJuneさんの日記を読んで、考えたことを書きますね。

    どこで聞いたか覚えていないけれど、印象の残っているこの言葉「幸せのカタチ」

    一体、幸せのカタチって何を指すのでしょう?

    結婚?子供?新築一戸建て?お金?高学歴?自慢できる夫や子供?

    そのカタチが何を指すかと言う以前に、幸せって自分の心で感じるものではないでしょうか?

    自分の状態や物質的なものではなく、「あ~、幸せだな」と感じる瞬間が「幸せ」であり、カタチと呼ばれる状態や物質は感情の後付けに過ぎないと思います。

    「幸せ」と感じる人は自分であって、他人ではない。それゆえに、他人は外から見た目の判断しかできないから、「カタチ」と言われる状態と「幸せ」が結び付けられてしまうのだろうな。「結婚=幸せ」みたいに。

    一見「幸せそうなカタチ」をした人でも、実は心でたくさん泣いているのかもしれません。仮面夫婦のように・・・でも、心の中のことは他人には見えないし、幸せそうなフリだって出来る。

    ところで、私は「かわいそう」という言葉が大嫌いなのですが、それも「他人が判断すべき事ではない」のに、自分や他(それを普通と呼ぶらしい)と比べただけで「かわいそう」と言える人は、単なる傲慢な人にしかみえないのです。

    そういえば、他にも嫌いな言葉がありまして、「自分を褒める」と「自分磨き」です。

    自分を褒めてあげて」とか某元オリンピック選手の発言以来、よく聞くようになりましたが、私にはなぜがこの言葉に違和感が・・・

    「自分を褒める」のと、「自分を誇りに思う」のでは、似ているようで異なりますよね。「自分を誇りに思う」は理解できますが、「褒める」のはどうしても他人が自分に対してすることだと思うので、受け入れ難いのかもしれません。正直言って自分で褒めちゃぁ、ただの傲慢な人のような気がしてならない・・・

    もう一つの嫌いな言葉、「自分磨き」とは、どういったことを言うのでしょうか?

    読書、映画鑑賞、習い事?そんなこと今時、中学生でもしていますよ。では、一体自分磨きとは?

    大体、この言葉を使用するのが好きな人って、「磨いて自分についている垢を落とす」のではなく、その「自分の垢も落としてしまうのはもったいない」っと、何でもかんでも掃除機のように吸ってしまっている人が多い、と思うのは私だけでしょうか。

    つまり、傷つく事を恐れるあまり、本当に必要な第一歩を踏めていないような・・・それじゃ、本当の自分磨きとは言えないのではないかしら?

    それでも、日頃何にもしない人よりは魅力があるかもしれませんが、ウンチクばかりを積み重ね、自分の意見に固執しがちな人がこの言葉が好きというイメージになりつつあります。はい、私の勝手な偏見ですね。たぶん、「自分磨きを頑張っている」とか自分で公言しまう人に対して、手厳しく思ってしまうのかもしれません。

    はっきりと自分の意見がある人は好きだけれど、考えに柔軟性がなかったり、人の意見を尊重できない人は誰であれダメですね。(あっ、これよく気を付けないとね→ウンチク女王な私)

    私はたいした人間でもないのに、なんだか随分偉そうに書きましたけど(いつもの事だけど!)、気分を害した方はごめんなさい。
    先週くらいに、夫が

    「なんかここにあざが出来てるんだけど、どこで作ったか心当たりがないんだよね」と、

    ひざのちょっと上に出来た赤紫のあざを私に見せてくれました。

    私「ふーん、気をつけなきゃだめだよ」
    --------------------------------------------------------

    そして今朝のこと。先に起きた夫が

    「あのさ・・・今朝方、君に思いっきり足を蹴られたんだよね、3回もビックリ赤

    丁度、同じような箇所だし、これでなんであのアザが出来たかわかったよフン雷

    私「 工エエェェ(´д`)ェェエエ工工doh
     本当にゴメン(-人-;)(;-人-)ゴメン そりゃ、完全に無意識やわ。全然記憶ないしー。」

    どうやら私は熟睡中に、自分のスペースができるまで、まるで「どけよ( ゚Д゚)ドルァ!!」のごとく3回も夫の足を蹴ったらしいgaan

    昔から寝相が悪く、「寝ている時に蹴られた」と祖父母や両親にもよく言われたっけ・・・

    夫は無意識だとわかると「君にストレスでもあるのかも?!」なんて逆に心配してくれるけど、

    昨夜の私は「テストも宿題も授業もない月曜日!なんてストレスフリーな日曜日の夜なのだ~ワーイ動画

    と、すごくいい気分で床に就いたのにハテナ

    単に私の寝相が悪いのと、十分に大の字になれるスペースが必要なだけと思うんだけど。

    う~ん、夫は嫌みたいだけど同じ寝室でも、別ベッドを2つ並べて使用がいいのかもなぁ(´;ω;`)ウッ…
    先週の日曜日、12月4日は私の28回目の誕生日でした年齢言っちゃったよ・・・。ということで、忘れないうちに記録しておこう。

    <誕生日の日記>
    夫が初めてお寿司も置いてある日本料理屋に連れて行ってくれました♥♥。
    生サーモンやイカの握り寿司を食べて、日本に帰ったような嬉しい錯覚ができましたワー静止画
    その後はショッピングモールに行き、以前から欲しかった物pink heartを選ばせてくれました。


    右の写真にある腕時計ですリボン
    母からもらった腕時計がシルバーのとゴールドので2本あるのですが、今では大事な形見になってしまったし、注私は乱暴者なので普段使いにして傷を付けたりしたくないのです。

    という訳で、2年前にも夫に普段使いの腕時計を買って貰い、大学ではそれを使用していましたが、電池を交換しても止まってしまって、本当に壊れてしまったのでした。だから、「普段使いの腕時計がほしいな~音符」と日頃呟いていたのです。

    こちらを私の一目ぼれで購入。夫「サイズを調節してもらう前に、もう一つのデパートも一応見ておこうよ。もっと気に入ったのがあれば、これを返して新しいのを買えばいいし、見ておけば後悔しないでしょ」

    と慎重な夫の誘いで、あまり気乗りしなかったけど(面倒くさいし・・・)
    とりあえず、向かいのデパートにも見に行きました。

    birthday present

    watch
    すると、セールではないのに同じブランドで他時計の半額以下ビックリ赤の値札が付いている時計(写真左)が・・・

    元々付いていた値札ではなく、明らかにデパート側が付け直した値札。
    「これ、ミスプライス品なんじゃない?」と夫も気付き、半額以下なのでそれも買ってくれることに音符

    帰宅してよく見ると、安いほうはシルバーのところに目立たないけどキズが付いています。
    「あ~、だからこんなに安かったのね・・・。でも、こっちは数字のところに印があって時間が見やすいし、元々傷アリだと遠慮なく普段使いにできるから、それでもいいや~花(青)

    次回モールに行った時に、こちらもサイズを直してもらえば活躍しそうです。
    結局、誕生日は2つの腕時計をもらったのでしたワーイ動画
    // HOME // NEXT
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。